沿革

1989年 6月 「障がい児(者)の生きがいの場、働く場を作る」という目的に向けて障がい児を持つ7人の親たちで「すいーとぽてとの会」を発足。
1993年 4月 発展的に名称を「ぽてとはうす」に変え、後援会を発足。
1995年 4月 共同作業場「ぽてとはうす」を開所。
1997年 4月 配食・弁当部門「ぽてとはうすのお弁当屋さん」を開設。
2000年 4月 出雲市より委託を受け、高齢者の配食サービスを開始。
2001年12月 社会福祉法人「ぽてとはうす」設立準備委員会を発足。
2003年 6月 社会福祉法人「ぽてとはうす」を設立。
2004年 1月 知的障がい者小規模通所授産施設「ぽてとはうす」を竣工・開所。
2007年 4月 障がい者自立支援法に伴い、就労継続支援事業所(B型)に事業体系変更。
共同生活介護事業所(「マレ・アンジェロ」「シエロ・アンジェラ」)を開設。
相談支援事業所「ぽてとはうす」を開設。
2009年 7月 出雲市大社町入南に管理棟竣工。
2009年 8月 就労継続支援事業所(B型)を増築。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です